心身バランスを整え、いのちを輝かせる生命エネルギー”オージャス”を知っていますか?

皆さん、こんばんは(*^^*)

昨日愛西農家のよっちゃんから、愛こもった堀りたての蓮根とまこもが届きました♪

堀りたて、新鮮、そして旬✨

そんな食材には、”オージャス”がた~くさん入っています💓

◎オージャスとは?

アーユルヴェーダには、オージャスという言葉があります。

生命の維持に欠かせないエネルギーで、活力の素のこと。

一言でいうと、”命のエネルギー”

このオージャスが減少すると、心身ともにバランスが乱れる。

逆にオージャスが増えていくと、心身のバランスが整い、ひとりひとりの本来の魅力が輝く。健康的で、幸福感に満ちた状態になる。と言われています。

オージャスが作られるしくみは簡単にいうと、食べ飲みしたものたちは消化、代謝され、血漿→血液→筋肉組織→脂肪組織→骨組織→骨髄・神経組織→生殖組織→オージャスの順で作られていきます。

つまりすべてが作られたあとに、最後にオージャスが作られる。

アーユルヴェーダでは、『消化力』を大切にしてますが、食べたものをしっかり消化し代謝させることで、オージャスが体内につくられるんです!

◎オージャスを高めるには?

・サットヴァ(純粋性)の食べ物をたべる(ギー、生はちみつ、炊きたてのお米、デーツ、新鮮な野菜など)
・自分の消化に合った量をたべる
・消化によく五感が喜ぶ食事をたべる
・よく噛んで丁寧に味わう
・愛込めて作る、作られたものをいただく など

どこでもきくような、内容ですね✨

食べたもので作られる。
その通りだと思います。

アーユルヴェーダでは、食べる物や質も大事にしていますが、それじゃあ何を食べたらいいの?に、なると思います。

わたしも勉強しはじめた頃は、火が強いと、辛いものはだめ!あれもだめ!これもだめ!自分は風や水が増えやすいので、生はだめ!冷たいのはだめ!とか、色んなものを制限していました。

これやってると辛いしストレスだし、あまり幸せじゃないですよね(;o;)

今は、食材の質を知って、これは身体を温めるしょうがと使ったらいいな。
性質は冷、重いけど、焼いたり炒れば、温かく、軽くなるな。

なんていうように、楽しく料理をするようになりました♪

料理は自分の性質によって、やっぱり好みや味も偏りますが、そのときの自分が感じるもの、を大切にすることが一番大切だと感じます。

そして何でも、バランスよく食べること💡

これからの秋冬は、土の中からとれるものがいいですよね!
身体を温め、心身も安定させてくれます◎

そしてもうひとつ大事にしたいのは、その食事のエネルギー。

・作るときは、楽しく愛込めて作る。

時間がないときでも、きれいじゃなくていいんです!その気持ち。←私も言いながら気づきます。。
作った人の心が、エネルギーになります💓

・食べるときは、感謝して、その時間をいただく。

動きのあるスマホやテレビをみながら食べてると、消化力も落ちると言われています。
消化されるのは、副交感神経が優位なとき。
優しく穏やかな気持ちで、いただきながら。

ストレスを溜めっぱなしにせず、疲れたり頭や身体を使ったあとは、
できるだけ穏やかに、優しい時間を。

わたしも普段は適当な食事になるときもありますが、
夜勤の食事こそ!明けの疲れたときの食事こそ!を丁寧に作ってみたり、
セルフケアを大切にしています。
↑それでも大好きなお菓子も食べるんですが。。(笑)

規則を守ることばかりでは、疲れますから!
これも大切です!!!

毎日を丁寧に過ごしながら、
命のエネルギーを高めていきましょう✨

ご予約・お問い合わせ

当サイトのお問い合わせフォームもしくは、LINE@からお気軽にお問い合わせください。

LINE@限定の特別クーポンあります。ぜひ登録をお願いします。

友だち追加

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。