【ヴァータ(vata)編】アーユルヴェーダのドーシャ解説~動きのエネルギー~

先日書いた、アーユルヴェーダとは、しあわせ医学。
アーユルヴェーダって何?の記事はこちら↓

関連記事

しあわせの医学、アーユルヴェーダとは?

燃やし変換するエネルギーのピッタ編はこちら↓

関連記事

【ピッタ(pitta)編】アーユルヴェーダのドーシャ解説~燃やし変換するエネルギー~

安定のエネルギーのカファ編はこちら↓

関連記事

【カパ(kapha)編】アーユルヴェーダのドーシャ解説~安定のエネルギー~

この宇宙のすべては、地水火風空で成り立たっている。
そしてこの元素たちを、いかにバランスするか。

今日はその五大元素から決定づけるドーシャについて。

自分の内で変化するドーシャを感じてみる

五大元素から導きだされ、個人の体質を決定するものに、トリ・ドーシャ理論があります。

『トリ』は、サンスクリット語で、『3』
『ドーシャ』は、『濁り、増えやすいもの。』

トリドーシャは、この3つのから成り立ちます。

  • ヴァータ(風×空)
  • ピッタ(火×水)
  • カファ(水×地)

これらドーシャは、家族と考えます(*^^*)
3つのバランスがとれていることが、理想のかたち。

このいずれかのドーシャが増えすぎると、それが病気の素となり、症状や病気となって現れます。

ドーシャとは増えるもの。
定まらず、常に変化するもの。
季節でも、年齢でも、一日の中でも、増えたり減ったりする。

意識しないと、なかなか気付きません。
毎日少しでも一分でもいいから、ちょっと立ちどまって、何が増えてるかな?
を考える時間を、ぜひ作ってみてください。

そうしたら、どうしてそうなっているのか?
どんな性質になっているのか?

自分を客観的にみれるようになります。
それが自分を感じる一歩です(*^^*)

では具体的にこれらドーシャは、どんな性質/特徴なの?
をいっこずつ、書いていこうと思います。

ひとつめは、秋の季節から増えるヴァータ(風)ドーシャ。
(どの季節にもトリドーシャは必ず存在していますが、特に優勢になるという意味です。)

まずはじめにこの性質たちを理解するうえで大事なのは、
何といってもイメージです◎

ぜひ、イメージしてみてください(*^^*)

Vata (風) : 空×風のエネルギー

空(くう)・風は、どんなイメージですか?

なんとなく風は、ビュービュー吹いていたり、と思えば静かになったり。
規則なく自由に吹いて、軽やか。

また秋の空気は、夏のジメ~とした空気から冷たくなってきて、乾燥している感じ。

ありませんか?

肌がカサカサして、なんだかそわそわする。
寒くなってきて、身体がこわばる節々が痛むなど。

それは自然界にこのヴァータが増えているように、
わたしたちの身体や心にも同じように、ヴァータが増えているからなのです。

反対に、スポーツの秋、学びの秋と言われるように、
風の性質を利用して、動く、何かしてみる、そんな季節にもぴったりなのです(^_^)v

ただ動きを司るヴァータですから、
動きすぎはヴァータを更に増やします。
動いたら、休息も十分に!

食欲の秋も、夏の暑さで落ちた消化力を調え、ヴァータさんの少ない体力を滋養ある食べ物で補う。
寒い冬に備えていくのにぴったりなんです◎

ただ何でも不安定がちなヴァータさんは、消化力にもムラあり。
もちろん、食べ過ぎは禁物×

肌が乾燥すれば、夏よりもしっかり保湿。
寒くなってきたら、長袖を着る。

これらは当たり前のようだけど、
自分の外や中の五大元素のバランスを感じながら、自然とやりとりを行いながら、私たちは生きているのです。

◎ヴァータの質(グナ)

・軽 / 動 / 冷 / 速 / 乾 / 微細 / 澄 / 荒

◎ヴァータの体質/性質

【ヴァータの身体的特徴】

  1. 細身で痩せていて華奢
  2. 乾燥肌で冷え性
  3. 手足が極端に長い、または短い
  4. 髪の毛、唇が乾燥、枝毛
  5. 動作が早い
  6. 体力はないほう
  7. ドライアイになりやすい

【ヴァータの心理的特徴】

  1. フットワークが軽く行動的
  2. 枠にとらわれない自由人
  3. 想像力豊かでおしゃべり
  4. 気まぐれでコロコロ気分がかわりやすい
  5. 優柔不断だが柔軟性がある
  6. 新しいことが好きだが飽きも早い
  7. いろいろなことに意識がいく
  8. 寒さが苦手、身体を温めたり温かいものが好き
  9. お金の無駄遣いをしがち など

ヴァータさんは、好奇心旺盛で自由人♪
風のように、どこにでも行っちゃう。
ひとりでいっちゃう旅好きなんかも典型的。
新しい場所にもすぐ馴染み、おしゃべり。
興味ややりたいことは多いけど、風のように移り気で飽き性なところも。

疲れやすいのに変化が大好き、そして敏感でもあるため、
知らないうちにストレスを溜めていることも。
行動的ではあるけど、体力があまりなく消耗もしやすい。
風のように乾燥していて、冷え性が多いのも特徴。

からだの芯が冷えているヴァータさん。
汗をかきにくく、水分補給も疎かになりがち。
その結果排泄量が減ったり、水分がないと便もかたくなるので、便秘がち。
コロコロうんちがヴァータさん。
また下半身の冷えが強く、お腹の不調を抱えやすいのも。
ガスがたまっておならがよくでるのも特徴。

風は、すべてを動かす力。

動きを生み出すちからのある風の元素。
呼吸、プラーナをからだの全身に運び、
血液循環、そして手足を動かす動作もすべてこの風ちから。

水は風によって流れる。
流れなくなれば、水は淀み、停滞する。

火は風が吹くことで大きくなり、強すぎても焦げたり、消えてしまう。

どこまでも自由だけど、吹いたり止んだりする風は不規則で、そしてときどき不安定。

空(くう)は、スペース。
いっぱいいっぱいな心や体は、ぎゅうぎゅうで苦しくてまわらない。

スペースがあることで、あらゆるものを受け容れたり、ゆとりが生まれます。

わたしたちをよく、洗濯機にたとえます。
服をいっぱいに入れすぎると、洗濯機はまわりません。
スペースがあるからこそ、循環する(*^^*)

どんな人に、どんな時に増えるのか?

答えはまさに、

『今の現代社会に生きるわたしたち。』

せわしく生きるのが当たり前?のような社会。
せわしく生きてる実感すらないのもあるような。

忙しく働き、忙しく食べて、睡眠は削られる。
それを補うかのように、疲れてても娯楽や刺激を求め、五感はさらに乱される。

瞬時に動くネットやスマホが溢れ、電子機器に囲まれた生活。
ビルやコンクリートで固められた生活空間。
土を踏むことなんて当たり前のようになくなって、足もとからぐらぐらゆらゆら。

あっという間に、ヴァータを増やす生活です。

ヴァータさんは、このヴァータ(風)ドーシャがもともと優勢であり、また増えやすいことを意味します。

ヴァータが増えてバランスが乱れると…

  • 乾燥
  • 不安症
  • そわそわする
  • やる気が起きない
  • 慢性疲労
  • 眠りが浅くなる
  • 腸の調子が悪い、便秘がち
  • 生理痛、緊張性頭痛、腹痛、腰痛
  • 子宮の病気 など

いわゆる、忙しい現代人だけに、現代病が一番多いのもヴァータなのです。

ゆらゆらそわそわ、また緊張過多などは、神経の伝達異常を引き起こし、
精神疾患の引き金にもなります。

呼吸が浅かったり、活力がでなかったり、循環器系の心臓にも影響があります。

ヴァータを増やさないためには。

それをバランスする法則は簡単!

『似たものが、似たものを増やす』
『異なるものが、異なるものを減らす』

風にさらに風を足せば、風はさらに強くなるということ。
逆に、風の『軽』の質に、水の『重』の質を足すと、
軽の質は緩和されるというような感じです。

①休息をとる

とにかく、止まって休むこと。

不規則なヴァータさんなので、どこか一日の中であったり、一週間の中で可能なら、規則的な習慣を作るのもおすすめです。
この時間には起きる、寝る、など。
そして意識的に、休息をとりましょう。

②身体をあたためる

冷えや乾燥しやすいヴァータさん。
とにかく、温めましょう。

足湯や温かいお風呂でリラックスしたり、温性のセサミオイルでマッサージ。
オイルマッサージは、ヴァータさんには最高です。

お腹にも不調がでやすいヴァータさん。
腹巻きやあったかい靴下で温まりましょう◎

③温かく潤いのある食事、スパイスをとる

ヴァータさんおすすめの簡単料理は、まさに鍋!!

野菜も生より温野菜。消化にムラがあるヴァータさんは、消化吸収に負担の少ない温かいものを。

また、ヴァータさんにはスパイスもおすすめ。
心身をあたためるものが多いので、ブラックペッパーやジンジャー、
癒し効果のあるシナモンやカルダモンもぴったり。

空のヴァータさんはガスがたまりやすいので、
お芋や豆などを食べるときには、ガス抜き効果のヒングやアジョワンを使ったりするのも◎
消化吸収によいクミン、コリアンダーなどを使ったり、
炒ってティーにするのも簡単です。

エナジーボール♪
色んなナッツと甘味はデーツ、はちみつ。
ひえとりのひえをいれたりして、心身を滋養する団子になります。

④甘味・酸味・塩味の質をとる

ヴァータを安定させる三味。

身体を作り、神経を安定させる甘味。
消化を刺激、循環を促す酸味。
消化力をあげる塩味。

ヴァータが上がってるなと感じたら、意識的にとるのがおすすめ◎

秋においしい、りんご。
生のりんごは渋味もあるのでヴァータを増やしがちですが、
ギーで焼いてはちみつやナッツと食べたりすれば◎
コンポートのように甘味で煮るのもヴァータを癒します。

何を食べるかも大事だけど、そうすると食べるものにも無理がでてくる。

それをどう食べるか、を少し考えてみるだけで、幅が広がる。

大事なのは、バランスよく食べること♪

⑤静かに穏やかに過ごす

どうしても”動”のエネルギーが強いと、意識も外にあっちこっちにいきがち。
思考もくるくるしていたりします。

できるだけ刺激の少ない穏やかな場所で、
五感を休ませ、癒してあげることが大切。

また自然の中で、土を素足で踏んだり、触ったりするのもgood。
ヴァータさんは触覚や聴覚を司る器官でもあるので、癒しの音楽をきいたりするのもおすすめ♪

⑤瞑想やヨガをする

ヴァータさんには特にぴったりな瞑想。
ころころ意識が外にいきがちなヴァータさん、
瞑想が苦手、座ってられないなんて方も多い。

そうしたら、少し落ち着ける時間を意識的にとりましょう。
無理に座らず、ひたすら歩くなんてのもok。

意識を内に向け、静かに観察する。
ヴァータさんには静のヨガ、陰ヨガもおすすめ。
ふわふわな風には安定の第一、第二チャクラを整え、
地に足をつけるそんなイメージです。

以上こんな感じがヴァータさん。
なんとなく、理解できましたか?

これはヴァータひとつの一般的な特徴を説明していますが、
実際には3つのドーシャが混じりあっています。

それが個性なので、一概には言えないものでもあります。

こんな特徴があって、こんな性質になり得る!
というイメージでいるのがベスト!

終わりに。。

せわしい現代人に増えやすく、また簡単に乱れるヴァータ。

それは逆の意味で、まず一番に調えることで、
他のドーシャも安定させることができます。

ヴァータがバランスされていると、
機敏な風のように、どんどん進んでいくちからになる♪
気持ちよく風が吹けば、火も適度に燃える。
水も停滞せずスムーズに流れたら、心身は潤い細胞もイキイキする。

日常の中で、今どんな状態?何が増えてる?
がわかるようになり、バランスできるようになると、
自然と心も体も整っていきます✨

それがバランスするアーユルヴェーダです。
自然で、無理がないんです♪

アーユルヴェーダは、おおらかな医学です。
だめなんてことはひとつとなく、
すべてを受け入れてくれる感じ。

わたしも自分でこう言いながら、
そううまくいかないよ~なんてことも想い感じながらも、
ようやく、バランスのとりかたがわかってきた感じです(*^^*)

そんな風さんヴァータの、コロコロな変化も楽しんで、

まずは当てはまったら『風が増えてる!』

そう思ったら、それと反対を意識して。

上のでもよいし、きっとその答えが、あなたの中に眠っているはず(*^^*)

長々となりました。。

お付き合い、ありがとうございました♪

次回はピッタ編!火のドーシャです🔥

お楽しみに~(*^^*)

ご予約・お問い合わせ

当サイトのお問い合わせフォームもしくは、LINE@からお気軽にお問い合わせください。

LINE@限定の特別クーポンあります。ぜひ登録をお願いします。

友だち追加

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。