秋冬のサットヴァ果物は、スパイスと煮込んで温活しよう

あま~くて美しいりんごが届いたので、
まずはりんごとチャイのコンポート。

ちずおばあちゃん、ありがとう(^_^)v

ギーでりんごを軽く焼いて、茶葉と好きなスパイスで煮込むだけ◎

とっても簡単、ぜひ試してみてください♪

茶葉はスリランカのヌワラエリヤのもの。
チャイスパイスで煮込んでみました♪

気分を落ち着かせてくれるシナモンやカルダモン。

神経をなだめ、精神の安定にとってもおすすめ◎

また穏やかに身体を温めてもくれる、サットヴァスパイスなのです。

弱火でこつこつ煮込んでいきます。

いい香りがしてそれだけでしあわせ~(^-^)/

レモンのしぼり汁もいれると、さっぱりしておいしい◎
酸味もヴァータを安定させる六味のひとつ。

ギーもこの秋冬に増えるヴァータを緩和させ、
バランスしてくれる純粋性サットヴァなもの。

アーユルヴェーダでは新鮮で旬な果物も、サットヴァの代表格。

よく完熟した甘い果物はたくさんの磁養があり、
また神経や生理機能を回復してくれます。

果物がおいしい季節。

でも寒がりで冷えやすいヴァータさんには向かない生のりんご。

秋冬から増えるヴァータにヴァータ体質な私は、
とにかく冷えや寒さに敏感です。

しかし食べる方法を変えるだけで、ヴァータさんにも嬉しい優しいりんごに変身♪

梨や柿もおすすめです◎柚子も使えそう!

そのまま食べると消化に負担がかかることや、
生のもので身体を冷やしてしまうのを、
温質や消化促進の性質を足してバランスする。

果物とスパイスで、自分のサットヴァを高めていく。

サットヴァとは、純粋性。
調和的な味、澄みきった、調和的な心。

みんなそれぞれに体質のトリドーシャが存在するように、
わたしたちには心の質(トリグナ)も存在します。

そのトリグナのひとつが、サットヴァ。

だれしもの中に在るもの。

自分の中のそれに気づき、高めていく。

人生とはなにか、自分とはなにか。

ただの知恵に留まらず、生きることをアーユルヴェーダは気付かせてくれてる。

知恵を学ぶのではなく、そこから感じることを大切に。

今日送ってくれた、ちずおばあちゃん。
そしてきてくれたりんごちゃんが届けてくれた想い。

ありがとう🍎✨

このコンポートは、明日のお客様のおやつにします(^_^)v

今日もありがとうございました♪

おやすみなさい。

ご予約・お問い合わせ

当サイトのお問い合わせフォームもしくは、LINE@からお気軽にお問い合わせください。

LINE@限定の特別クーポンあります。ぜひ登録をお願いします。

友だち追加

コメントする

ニックネームとコメントを入力して送信して下さい。

CAPTCHA


内容をご確認の上、送信してください。